永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛では機器を通して発したレーザーを、直接皮膚に照射する施術を行います。幾らか肌へのダメージがあり痛み等で自覚することがありますが、それ以上に副作用が心配となります。
ですが実際のところは、大きな肌トラブルや病気の報告例はありません。皮膚ガンを心配する向きもありますが、照射されるレーザーは赤外線に使いもので肌から組織の奥深くまで浸透するものでは無く、こうした心配も不要と言えます。
日本医学脱毛協会においても、永久脱毛は安全との見解が出ています。寧ろ出力が高く、回数としては少なめで終える事が出来る医療レーザー脱毛を、サロンの光脱毛よりも推奨しています。この点からも、照射そのものは安全と言えます。

永久脱毛による副作用

永久脱毛を行うには主にサロンでの光脱毛とクリニックでのレーザー脱毛があります。サロンで行う光脱毛とは、弱い光で毛根を刺激し毛を生えにくくするというもので、照射後は冷却ジェルなどのアフターケアを行っていますが、威力が強すぎると赤みや火傷の危険性もあります。反対に、光が弱く脱毛に至らない半端な熱が加わってしまうと、毛を活性化して硬毛化してしまったり、毛穴が活性化して毛や汗の量が増えることもあります。また、肌の奥に潜んでいるシミに光が反応することで一時的にシミが増えて見えることがあります。対して、レーザー脱毛とは医療レーザーを毛根の深くに照射し、熱で毛根を破壊することで脱毛を行います。レーザーの威力が強いため医師が施術します。光脱毛と比較すると副作用が少なく脱毛が確実ですが、レーザーの威力が強すぎることで炎症がおこりやすく火傷や毛膿炎(毛嚢炎)というニキビのようなものができる場合があります。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛するときには、ワキ汗やワキガの心配をする人が多いですが、その要因として、口コミの影響が大きいと考えられます。しかしながら、そのような副作用はなく、実際には、脱毛によって毛がなくなったことで、汗がダイレクトに服に流れてくるので、大量になったと勘違いしているケースが多いです。臭いに関しても、汗で濡れた服を放置したことによる悪臭の場合が多いので、脱毛後は汗をしっかりと拭く習慣を身につけ、衛生状態に気配りをした生活を心掛けるといいです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛はレーザーを用いて、毛穴を処理する施術です。そのため、どんなに丁寧に施術をしたとしても照射するレーザーの熱によって引き起こされる肌トラブルが起きてしまう可能性があります。仮にトラブルがおきてしまったとしても、殆どの人の場合、皮膚に赤みが出るくらいの軽度なトラブルですみますが、まれに火傷したような状態にまでひどくなってしまう方もいます。特に気をつけたいのが、元々乾燥しやすい敏感肌の方や肌の弱いアトピー肌の方の場合です。皮膚トラブルを起こしやすい肌質ですので、ちょっとの照射でも肌に負担になってしまいます。ですので、永久脱毛の施術を行う前に十分にカウンセリングを行い、危険性やデメリットなどもちゃんと理解した上で施術してもらうと良いでしょう。

永久脱毛 浜松 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です